第2回 2050年には海のプラスチックの量が魚を超える!?

レジンペレット。通常は直径数ミリの円筒形か円盤形で、一般的なプラスチックゴミの破片があるところには、ほぼ100%ペレットが存在する。(画像提供:高田秀重)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー