皇帝ネロの暴挙、焼け果てたローマに黄金宮殿を建てる

 西暦64年7月19日の夜、戦車競技場キルクス・マクシムス(チルコ・マッシモ)を取り巻くように軒を連ねる商店から炎が上がった。いささか都合がよすぎるようにも思えるが、ネロは海辺の保養地に出かけていた。火が燃え広がる過程で、放火を目撃したという報告が数多く寄せられた。大著『ローマ史』を著したカッシウス・ディオは次のように書いている。「ネロはあれこれの手を使い、人を街に遣って酔っ払いのふりをさせたり、何か悪さを働かせたりした。そしてまず、いくつかの地区でひそかに火をつけさせた」

大火を理由にした強制徴収

 ローマはこの大火で焼け野原になった。死者の数は数え切れない。カッシウス・ディオによれば、再建はすぐに始められたという。「ネロは個人や属州から莫大な額の義援金を募りはじめた。大火を理由に、あからさまな強制徴収を行うことさえあった」

ローマの大火の後、ネロが築造させた「黄金宮殿」(ドムス・アウレア)の遺構。ローマのフォロ・ロマーノに現存する(Anthony Majanlahti)
[画像のクリックで拡大表示]

 当然ながら、ローマ市民も帝国臣民も冷ややかだった。ローマ市民にしてみれば、皇帝は彼らの街と住まいを焼き払っただけでは飽き足らず、夢の「黄金宮殿」(ドムス・アウレア)を建てるためだと言ってカネを巻きあげているのだから。こうした人々の不満が問題を引き起こす可能性に思い至ったネロは、スケープゴート(生贄)として、当時ひそかに活動を続けていたキリスト教徒に目をつける。そして大勢のキリスト教徒が十字架にかけられ、火あぶりにされ、野獣に八つ裂きにされた。

 ネロの権勢は、大火以降回復しなかった。火災の被害は甚大で、一般大衆の負担、それも自分たちの家屋敷の再建よりも皇帝の黄金宮殿の造営に伴う負担は、途方もないものだった。帝国全土で急速に秩序が乱れ、各地で反乱が起き、元老院でも造反の動きが広がった。ネロを廃位する企てが相次ぎ、ついにネロは持ちこたえられなくなる。スエトニウスによれば、ネロは刺客が迫るなか、次のような言葉を口にして自害したという。「余の死によって、何と素晴らしい芸術家が1人、この世から失われることか」

おすすめ関連書籍

失敗だらけの人類史

英雄たちの残念な決断

人類が犯してきた失敗の数々をアダムとイブまでさかのぼって検証した書。聡明で経験豊かなリーダーたちは、なぜ判断を間違えたのか。

定価:本体2,600円+税