高い山の茂みで

7月半ばの乗鞍岳で、ハイマツの枝先に止まったカヤクグリが、鈴の音のような声でさえずっていた。夏が過ぎ、秋の足音が聞こえてくると、山を下りる季節だ。(写真:HIROZO MAKI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー