春の山林に響く 100ヘルツの重低音

母衣打ちをする雄。母衣とは武士が矢などを防ぐのに用いた風船のような武具で、大きく膨らんだ胸から連想したのだろう。(Photograph by WADA GOICHI/NATURE PRODUCTION/amanaimages)

【元の記事へ戻る】