第5回 ツシマヤマネコの保護はどれだけ進んだのか

関係者が一堂に会した2006年の「ツシマヤマネコ保全計画づくり国際ワークショップ」。パイロットプランと呼ぶにふさわしい方策が議論された。(写真提供:羽山伸一)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー