第2回 絶滅危惧種の「野生復帰」とはどんな取り組みなのか

 アラビアオリックスは、1970年代に野生では事実上絶滅したものを、世界中の保護団体、動物園、各国政府などが協力して飼育下繁殖させ、1982年から野生復帰させた。その後、IUCNのレッドリストの評価「野生では絶滅」が、「絶滅危惧種(Endangered)」へ、さらに、2011年の再検討では「危急種(Vulnerable)」へと変更され、種の存続の緊急度は薄まった。これ自体はすばらしい達成だ。

 しかし、個々の国々での取り組みの中では、とても残念なことが起こっていたのだという。オマーンの保護区で実施されたアラビアオリックスの最初の野生復帰は、90年代には大成功をおさめ、野生動物を救う国際協力の象徴とまでもてはやされた。それが、今では無残な失敗とまで評価を落としている。

「奇跡の野生復帰と言われて、1994年にユネスコの世界遺産に自然遺産として登録されたんです。でも、その後の管理を怠って、その保護区では絶滅寸前までいってしまいました。世界遺産も2007年に登録抹消になりました。国内の問題がいろいろあったんだと思いますけど。突き詰めれば、野生復帰をきっかけに注意喚起して、生息地を復元するストーリーが描けなかったんですよね」

野生復帰とは、生息地を復元し、維持し続けるエンドレスな取り組みといえる。
野生復帰とは、生息地を復元し、維持し続けるエンドレスな取り組みといえる。
[画像のクリックで拡大表示]

 世界遺産が登録抹消になるのは、この保護区がはじめてのことだ。今では、オマーンの元アラビアオリックス保護区の9割方の土地が、産油施設になっているそうだ。

 結局、「飼育下で繁殖して野生に戻すと、また定着してくれてバンザイ」というふうには簡単にはいかない。長期間にわたる周到な計画と、再評価を繰り返しつつの継続的な取り組みが必要だと、世界での先行事例は告げている。それは時に、「エンドレス」になるくらい覚悟を要するものであるとも。 

 野生復帰は一筋縄ではいかない事業であると、こういった先行事例を眺めるだけでも充分すぎるくらいに分かるだろう。「成功」とされるものですら、何十年も長い時間をかけて取り組んでその域に至る。途中で手を緩めれば、失敗に転じる。

 そして、日本の絶滅危惧種の野生復帰は、今がまさに黎明なのである。

ツシマヤマネコの野生復帰も検討されている。ここ井の頭自然文化園が人工繁殖に成功すれば、実現の可能性はより高まるはずだ。
ツシマヤマネコの野生復帰も検討されている。ここ井の頭自然文化園が人工繁殖に成功すれば、実現の可能性はより高まるはずだ。
[画像のクリックで拡大表示]

つづく

羽山伸一(はやま しんいち)

1960年、神奈川県生まれ。日本獣医生命科学大学教授。博士(獣医学)。1985年、帯広畜産大学大学院修士課程修了後、埼玉県庁を経て同年、日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)に勤務。2012年より現職。日本の大型野生動物の研究および保護活動に従事する。現在、環境省中央環境審議会専門委員、環境省ゼニガタアザラシ科学委員会委員長、特定非営利活動法人どうぶつたちの病院副理事長、公益財団法人日本動物愛護協会学術顧問などを兼務。『野生動物問題』(地人書館)の著書のほか、『増補版 野生動物管理―理論と技術』(共に文永堂出版)、『野生との共存~行動する動物園と大学』(地人書館)など共編著多数。

川端裕人(かわばた ひろと)

1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。文筆家。小説作品に、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、『雲の王』(集英社文庫)、NHKでアニメ化された「銀河へキックオフ」の原作『銀河のワールドカップ』(集英社文庫)など。近著は、ロケット発射場のある島で一年を過ごす小学校6年生の少年が、島の豊かな自然を体験しつつ、どこまでも遠くに行く宇宙機を打ち上げる『青い海の宇宙港 春夏篇秋冬篇』(早川書房)。また、『動物園にできること』(第3版)がBCCKSにより待望の復刊を果たした。
本連載からは、「睡眠学」の回に書き下ろしと修正を加えてまとめたノンフィクション『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』(集英社文庫)、宇宙論研究の最前線で活躍する天文学者小松英一郎氏との共著『宇宙の始まり、そして終わり』(日経プレミアシリーズ)がスピンアウトしている。
ブログ「カワバタヒロトのブログ」。ツイッターアカウント@Rsider。有料メルマガ「秘密基地からハッシン!」を配信中。