第4回 「分離脳」だから分かった感覚のつながりとは

時間の知覚が関係するときは、分離脳でも左右の脳がつながりをもつという結果を得た。脳梁がなくても左右の脳はもっと「下」の部分である皮質下ではつながっており、時間の知覚に関しては皮質下が関わっていることが示された。(画像提供:四本裕子)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー