――東京オリンピックに向けて、これから地下鉄も変わっていくでしょうから、デザイン鉄が活躍できる場も広がっていくのではないでしょうか。

 そうなるとうれしいですね。
 私の鉄道好きは趣味で、ほんとに自分の好きな部分だけしか見てこなかったので、それがこれからどう生かせるかなんて考えたこともないんです。でも、私が鉄道好きを公言してから、鉄道に興味を持ってくれる女の子が少しですけれど、出てきてるみたいなんです。

 それに、車両なんかでわからないことがあると、写真に撮ってブログに載せて「これって何?」と聞いたりするんですけど、そうすると鉄道に詳しい人がコメントで答えてくれます。

 今までずっと、鉄道のことを話せる友だちがまわりにいなかったので、そんなふうに情報の共有ができるようになったのはうれしいですね。

――最近はIC乗車カードの普及で、駅で路線図を見ることも少なくなりましたが、廣田さんがおススメする路線図の楽しみ方はありますか。

 時間に余裕があるとき、路線図を片手に電車に乗ってみるというのがいいと思います。「どっちに行こうかな」みたいな感じで。

 鉄道は、車みたいに自分で運転しなくても、行きたいところにたどり着けるのがいいところ。電車に揺られている時間は、自分のことを考えていられる時間でもあるし、目の前にいる人をぼんやり眺めていても、これから旅行にいくのかな、家に帰るのかなとか、いろいろなことを想像する楽しみもあります。

 電車は、乗り合わせた人と直接に会話はなくても、そんなふうに知らない間に人との触れ合いが感じられる場所でもあるので、路線図だけを頼りにブラッと乗りに行くのも楽しいですよ。きっと、新しい発見にたくさん出会えると思います。

(おわり)

[画像をタップでギャラリー表示]

廣田あいか(ひろた あいか)

1999年、埼玉県生まれ。2009年に結成した「king of 学芸会」をコンセプトに活動する8人組アイドルユニット『私立恵比寿中学』通称“エビ中”のメンバー。自他共に認める鉄道マニアとして、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)、『鉄道バラエティ 乗ってけ天国!』(テレビ東京)、廣田あいか写真集『am Tokyo Girl's Way』、廣田あいかDVDブック『AIAI RAILWAY TRIP』、電子書籍『私立恵比寿中学 廣田あいかの鉄道紀行~JR飯田線・こころの旅編~』など鉄道にかかわる番組、メディアに多数出演。2016年11月16日にベストアルバム『「中卒」~エビ中のイケイケベスト』、『「中辛」~エビ中のワクワクベスト』の2枚同時発売。
私立恵比寿中学 ブログ http://lineblog.me/ebichu/
オフィシャルサイト http://shiritsuebichu.jp/


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。

この連載の前回の
記事を見る