――『タモリ倶楽部』の鉄道企画のときに、しばしば出演されていますが、あれは出演している方、みなさん楽しそうですね。

 楽しいです!もったいない番組だと思います。1回の収録で、番組6本分はつくれるんじゃないかと思います。
 
 丸1日かけて2本分を撮るんですけど、あと4本分はつくれるくらい、みなさん中身の濃い、おもしろい話をしています。

 鉄道の話題がほとんどなんですけど、それ以外の話も白熱している姿が面白くて。一番おもしろかったのは、位置エネルギーのときでした。

――位置エネルギー? 物体の高低差によって決まる、あの位置エネルギーですか。

 そうです。新幹線に乗る企画で、車窓からエレベーター工場が見えたときに「位置エネルギーってかっこいいよね」という話になって。タモリさんを筆頭に、みなさん位置エネルギーについて、すごく熱く語り始めたんです。

――どうして位置エネルギーで、そんなに盛り上がるのかな(笑)。

 ほんと、私もそう感じてびっくりしちゃいました!

 東京-新大阪間を一緒に移動したんですが、車窓からの景色を見て、この地形はどうだとか「今、下ってきているね」「これは奥のほうに向かって上がっていってるね」とか、そんな話題だけでずっと盛り上がっていて、3時間なんてあっという間でした。

『タモリ倶楽部』3本分か4本分撮れるくらいすごく楽しかったんですけど、実際に番組に使われたのはほんの一部で、くやしいなと思ったほどです。

世界の美しい地下鉄マップ
定価:本体3,200円+税
マーク・オーブンデン 著
176ページ、ソフトカバー

ナショジオストア   アマゾン

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る