第5回 海に憧れた少年がサメ博士になるまでとこれから

 沖縄美ら島財団総合研究センター動物研究室の佐藤圭一室長は、その世界では第一人者と目されるサメ博士だ。

 飼育しているサメと野生のサメ、あるいは、生きているサメと標本になったサメ、様々なものを見ることができる格好の位置で、サメの繁殖生理学の最先端の知見を積み重ねている。

 幼少から魚、特にサメが好きだったのかと思いきや(そういう子は、たしかにいる)、実は海のない栃木県の出身だという。

ヘラザメを持つ佐藤さん。2009年撮影。(写真提供:佐藤圭一)
ヘラザメを持つ佐藤さん。2009年撮影。(写真提供:佐藤圭一)
[画像のクリックで拡大表示]

「小さい頃、海に行くっていったら、もう本当に一大イベントでした。その中で漠然と海へのあこがれがありまして、船に乗って世界中を調査するとか、スケールの大きな学問に興味を持っていました。それで、大学に行って専門を選ぶ時、海のフィールド調査ができる研究室を選んだんです。特に深海に興味があったので、誰も研究したことがない深海鮫がいるからって言われて、やりはじめたのが、ヘラザメという種類です。実は、サメの中で一番種類が多いグループなんですがあまり知られていなくて。ただ、深海に行くとたくさんいる。それも、世界中にいます。学生時代から、世界中の博物館を訪ねて標本を観察するという毎日をずっと繰り返して、もちろん、トロール船ですとかに乗って海のフィールドワークにも行きました」

 佐藤さんを深海鮫研究にいざなったのは、仲谷一宏・北海道大学教授(当時)で、数々のサメ関連本の著者として知られる元祖サメ博士である。佐藤さんは、仲谷教授の元、夢の一つだった海のフィールドワークを果たし、また、博物館をめぐりつつ、形態学や解剖学にもとづいて、分類や系統を考える方法を学んだ。

ナガヘラザメ。あまり知られていないヘラザメだが、サメの中で一番種類が多いグループだ。(写真提供:佐藤圭一)
ナガヘラザメ。あまり知られていないヘラザメだが、サメの中で一番種類が多いグループだ。(写真提供:佐藤圭一)
[画像のクリックで拡大表示]

本誌でも「海のハンター」シリーズとして、2016年6月号で「イタチザメに会いたい」を、7月号で「ホホジロザメ 有名だけど、謎だらけ」を、8月号で「大海原の王者 ヨゴレはどこへ?」を特集しています。あわせてご覧ください。