/atcl/web/16/033000003/

いま日本の葬儀が急速に変わりつつある。と同時に「死」の受け止め方も変容しており、日本の葬儀と死生観が混乱期にあるという。民俗学の立場から、日本の葬儀と死の受容を見つめ続け、問題を提起する山田慎也先生の研究室に行ってみた!(文=川端裕人、写真=内海裕之)

1~ 6件を表示/6件中