第6回 「正常色覚」が本当に有利なのか

サルのオプシンがどの波長を見やすいかがわかっているので、果実や葉っぱが反射する光の波長を測定すれば、サルにとっての見え方がわかる。(画像提供:河村正二)(Hiramatsu, C., Melin, A.D., Aureli, F., Schaffner, C.M., Vorobyev, M., Matsumoto, Y., & Kawamura, S. (2008). Importance of achromatic contrast in short-range fruit foraging of primates. PLoS ONE, 3 (10), e3356のFigure 2を改変)

【元の記事へ戻る】