第4回 なぜ霊長類はまた3色型色覚を獲得したのか

縦軸はどちらも「黄―青」色度。左右のグラフの横軸が異なる。左は「緑―赤」の色度、右が明度(明暗)。薄い灰色の点が葉、濃い黒の点が果実だ。(画像提供:河村正二)( Sumner, P., & Mollon, J.D. (2000). Catarrhine photopigments are optimized for detecting targets against a foliage background. The Journal of Experimental Biology, 203, 1963-1986のFig. 8の改変)
[画像のクリックで拡大表示]

 縦軸に「黄─青」をとって、横軸に「緑─赤」を取る。本当は赤緑青のRGBの色空間で見るとよいのかもしれないが、簡略化するため適切な切り口で2次元に落としていると考えてほしい。横軸に「緑─赤」を取ってあるのは、2色型と3色型の色覚の違いが、ここを識別できるかどうかにあらわれるからだ。

 さて、この平面の中で、森の中にある葉は縦に並ぶ。つまり、「黄─青」成分は様々だが、「緑─赤」成分は「葉は緑」ということでだいたい同じなのだ。一方で、熟した果実は、葉とは離れたところにかなりばらついて分布している。どうやら、3色型の色覚を持っていれば、葉と熟した果実を、色覚を使って見分けられそうだ。

 一方、2色型の色覚では、「緑─赤」が区別できないので、横軸に「明暗」を取ってみる。つまり、「緑─赤」の色覚の代わりに、明暗を手がかりにするとどうなるか。すると、葉と果実はぐちゃーっと混ざってしまった。区別できそうにない。

「3色型の色覚なら、緑の背景から黄色やオレンジや赤っぽい果実がポップアップして見えるということです。そういう効果は遠距離ほど緑の背景が同時にひとつの視野に入るわけで、効いてくるはずです。近寄ってみれば、2色型でもそれなりに識別できるはずなんですが」

次ページ:ヒトの場合はさらに特殊事情が