第8回 アラスカで待っていた、美しい花と足跡化石

タトラー・クリーク沿いを歩く、私(手前の黒のバックパック)とトニー(奥のオレンジ色のバックパック)。

【元の記事へ戻る】