第64回 睡眠時間の男女差について

青い横棒はOECDの調査結果から算出した各国の睡眠時間の男女差を示している。「0」を境に、右に行くほど女性の睡眠時間が長く(男性との差が大きい)、左に行くほど逆に男性の睡眠時間が長いことを意味している。女性の睡眠時間が男性よりも短いのは28カ国中5カ国のみである。
赤い横棒は総務省統計局労働力人口統計室のデータから算出したOECD加盟国中10カ国における有職者の睡眠時間の男女差を示している。有職女性の睡眠時間が男性よりも短いのはデータがある10カ国中日本のみであった。(画像提供:三島和夫)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー