(イラスト:三島由美子)
[画像をタップでギャラリー表示]

「最近、心配事で眠れなくて、すっかり寝不足だよ」

 日常会話では不眠症と睡眠不足(寝不足)を混同して使うことが多いが、医学的には実は全く異なる病気と定義されていることをご存じだろうか。不眠症は「眠りたいのに、眠れない」のに対し、睡眠不足は「眠れるのに、眠るための時間がない」のであり、言ってみれば真逆の睡眠の悩みである。

 一晩中脳波を測って睡眠の長さや深さを客観的に測定する「睡眠ポリグラフ検査」を行うと、不眠症と睡眠不足の違いは一目瞭然である。睡眠不足では睡眠全体に占める深いノンレム睡眠(深睡眠、徐波睡眠)の割合が非常に多い。これは睡眠時間が短くなると脳の休息に必要な深睡眠を優先して確保するためと考えられている。その分、浅いノンレム睡眠やレム睡眠が犠牲になる。深睡眠が減るよりもマシだろうと思いがちだが、血糖コントロールや認知機能の障害、うつ気分が出現するなど悪影響はしっかりある。

 一方、不眠症では深睡眠が著しく減少するため、浅いノンレム睡眠やレム睡眠の割合はむしろ増加する。不眠症でも睡眠時間が短くなるので睡眠不足と同じように深睡眠の割合が増えても良さそうなものだが、そうはならない。まさに真逆の所見となる。

 慢性的な睡眠不足でも、一晩の徹夜でも同じだが、短時間睡眠の翌晩には普段以上に睡眠時間は長くなる。いわゆる寝だめだ。ところが不眠症ではこのような睡眠のリバウンドが生じず、短時間睡眠が長期間にわたって持続する。不眠症患者では睡眠の出現を抑え、覚醒しやすい状態を維持する何らかのメカニズムが脳内で働き続けているらしいのだが、その機序は未だに明らかになっていない。

 さて、このように全く病態(原因)が異なる不眠症と睡眠不足だが、睡眠不足大国・日本では両者を抱え持つ人が少なくない。不眠症の人が睡眠不足に陥ったり、もともと睡眠不足の人が加齢やストレスなどで不眠症を発症したりするケースである。

次ページ:実は似通った症状が多い不眠症と睡眠不足

おすすめ関連書籍

朝型勤務がダメな理由

あなたの睡眠を改善する最新知識

「ためしてガッテン」などでおなじみ、睡眠研究の第一人者が指南!古い常識やいい加減な情報に振り回されないために知っておくべき情報を睡眠科学、睡眠医学の視点からわかりやすく説明。

定価:本体1,400円+税

この連載の前回の
記事を見る