(イラスト:三島由美子)
[画像をタップでギャラリー表示]

 前回は、睡眠と覚醒の境界を決める難しさについて取り上げた。試行錯誤の結果、現在の睡眠科学では、脳波活動を目安に30秒ごとに「睡眠」と「覚醒」を判定し、睡眠と覚醒の境界をその30秒単位の「覚醒ブロック」から「睡眠ブロック」へ移行する時刻と定義することにしたのである。

 このような専門家の合意(エキスパートコンセンサス)がベストであるかどうかは別として、睡眠医療の現場には深く浸透している。例えば、先の境界基準を活用した検査法の一つに「反復睡眠潜時検査(Multiple Sleep Latency Test:MSLT)」がある。MSLTは日中の眠気の強さを客観的に判定できる検査として重宝されている。

 MSLTでは、日中2時間おきに、4回または5回、脳波を測定しながら暗所で昼寝を試みてもらう。測定開始直後は覚醒していても徐々に眠気が強い脳波となり、ついには睡眠状態に入る。最初に睡眠ブロックが出現するまでにかかった時間を“睡眠潜時”と呼び、睡眠潜時が短いほど眠気が強いと判定される。眠気の強さを数値として示すことができるので、睡眠・覚醒障害の診断や臨床研究にしばしば用いられる。

 表はある健康な成人被験者のMSLTの結果である。計5回の測定の睡眠潜時を平均すると12分であった。ちなみに、13:30スタートの検査では睡眠潜時が短いが、これは“昼食後の眠気(post-lunch dip)”と呼ばれ、皆さんもご経験があるだろう(第97回「日中も90分ごとに眠くなるワケ」)。

 さて、MSLTを用いて、さまざまなシチュエーションに置かれた人々の眠気の強さを比較した研究があるのでご紹介する。

次ページ:平均睡眠潜時8分はどのぐらいの寝不足に相当?

おすすめ関連書籍

朝型勤務がダメな理由

あなたの睡眠を改善する最新知識

「ためしてガッテン」などでおなじみ、睡眠研究の第一人者が指南!古い常識やいい加減な情報に振り回されないために知っておくべき情報を睡眠科学、睡眠医学の視点からわかりやすく説明。

定価:本体1,400円+税

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る