第116回 昼寝の寝つきが8分以内は要注意、病的な眠気の可能性も

米国ミシガン州の地域住民から無作為に選んだ259名を対象にしてMSLTで測定した平均睡眠潜時の分布。レジデントは米国の研修医、ナルコレプシーは日中に強い眠気を生じる過眠症のひとつ。(Principles and Practice of Sleep Medicine: Expert Consult Premium Edition. Kryger MH, Roth T, Dement WC, Saunders, 2010から改変して引用)(画像提供:三島和夫)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー