第77回 昔は良かった? 照明がなければ人は長く眠れるのか

タンザニアのハッザ族の睡眠パターン

Sleep periodとは「寝ついてから最後に覚醒するまでの時間帯」である。その間に長い中途覚醒がみられた。Sleep periodには年間で1時間ほどの季節変動があり、夏場には主に寝つく時刻が遅れることで睡眠時間が短くなった。日中の気温が30℃ほど、夜間は明け方に10℃ほどまで冷え込んでおり、外気温が低下する時間帯に眠る傾向が見られた。(Yetishら(2015年)のデータから)

【元の記事へ戻る】