第26回 朝型勤務補講:夜型生活から脱却する効果的な方法

 さて、前回に引き続いて補講です。ヒツジ君のご要望に応えて「夜型生活から脱却する効果的な方法」と銘打って、朝型勤務を命じられた際の対策について考えてみます。

 よろしくお願いします!「朝型体質」に変わるのは難しいにしても「朝型生活」めざして勉強します!

 いやー、玄人好きのする宣言が聞けて嬉しいなぁ。よく勉強しているね。それではさっそく始めましょうか。

 まずヒツジ君の普段の睡眠習慣を黒板に書き出してください。

(イラスト:三島由美子)
[画像のクリックで拡大表示]

 とにかく寝起きが悪いのが悩みです。重力と戦いながら寝床から出て、ボーッとしながら洗面や着替えなどを済ませ、朝食抜きで家を出ます。勤務先には始業時刻の8時45分ギリギリに滑り込んでいます。

 ドアツードアで45分か。東京だとかなり恵まれている方だね。

 早く帰宅した日も、遅い日も、寝るのは同じ2時頃なの?

(ビクッ)色々とやることがあって……。

『朝型勤務がダメな理由』
三島和夫著

50万ページビュー以上を記録した「朝型勤務がダメな理由」をはじめ、大人気の本連載がついに書籍化! こんどこそ本気で睡眠を改善したい方。また、睡眠に悩んでいなくても自分のパフォーマンスを向上させたい方は、確かな知識をひもとく本書でぜひ理想の睡眠と充実した時間を手に入れてください。『8時間睡眠のウソ。』を深化させた、著者の決定版!
アマゾンでのご購入はこちら