第25回 朝型勤務補講:朝型夜型って何?

夜型が一概にダメだと決めつける必要はないよ。夜型の人は交代勤務(夜勤)や時差ぼけ(時差飛行)のような睡眠スケジュールの急速な変化に対して強い。逆に朝型の人は睡眠習慣ががっちり固定されている(フレキシビリティが小さい)ため弱い。今後、24時間社会は進む一方だろうし、海外旅行もずっと短時間で気軽にできる時代が来るだろう。火星に移住すれば自転周期は24.6時間で睡眠リズムの調整が大変だと言われているよ。この先、「夜型最強!」の時代が来るかもしれない。ヒツジ君もオーストラリアなんて言わずに、火星のゆるキャラをめざしなさいよ。

(生温かい目で)そこまで待てないんですけど……。今、そこにある危機なので。

(汗)そ、それだけに雇用者側にもクロノタイプを個性と考えて尊重してほしいよね。ネットなどを見ていると早起き自慢、寝不足自慢をする経営者が多いような気がするね。自分が得意とするライフスタイルを押しつけられるのでは堪ったものじゃないよね。

 この辺を理解していないと「気合いだ!」の精神論になってしまう。「不規則生活が恒常化している現代だから、朝型勤務もいいじゃないか、いちいち目くじら立てるな」と言う意見もあるけど、同じような理解不足から来ているね。皆同じにしようということがモンダイなんだ。規則正しい生活とは、人それぞれのものであって、軍隊式に皆で早起きする生活とは違う。同じクロノタイプに由来する悩みでも朝型の人が夜勤で苦しんでいると不思議と同情されたりして、夜型は損だね(笑)

だいぶ分かってきましたけど、まだ納得できないような……。「独身の頃は寝坊だったけど、結婚してから早起きして夫や子供に毎朝お弁当を作ってます♡」とか、途中でクロノタイプが変わる人っているじゃないですか。トリとは高校時代からの腐れ縁なんですが、いつもトリママが作った美味しそうな卵焼き入りの弁当を自慢されて……。うちなんか一家揃って寝坊なので、いつも学校の購買のパンばかり食べてました(涙目)

うーーん、切ない話だね。短期間に朝型生活にスムーズに変わることができる人はもともと「なんちゃって夜型」だと思う。「真の夜型」が朝型体質になる方法は知られていないんだ。

え? ちょっと待ってください。「なんちゃって……」ってどういうことですか?