第23回 断眠の世界記録 ラットvs.人間

 今でこそ、慢性的な睡眠不足は代謝やメンタルヘルスに多大な悪影響をもたらすことが知られるようになったが、その当時は「思いのほか、大したことが起こらないな……」という変なガッカリ感があったようだ。デメント教授自身も、ランディ青年の回復具合を見て、睡眠は案外短くても大丈夫かもしれないと誤解してしまったと後に反省を込めて述懐している。

 それにしてもラットと人間では同じ断眠でも身体に及ぼす影響に大きな違いが見られた。この差はナゼ生じたのだろうか。いくつかの可能性が考えられる。まず、ランディ青年の実験では外見から覚醒していることを確認したのみで、脳波は測定していなかった。そのため、実際にはごく短時間の睡眠(マイクロスリープ)や軽度の意識障害(せん妄)が生じていた可能性がある。せん妄状態になるとランディ青年が経験した幻覚や妄想もしばしば出現する。せん妄は生理的な睡眠とは異なるが、脳活動が低下して脳波上も浅い睡眠状態に近づき睡眠不足を補う効果がある。逆に言えば、人間はいくら完全に断眠しようとしても、意図に反して意識レベルが下がってしまうなど安全弁が働くのかもしれない。

 しかし、それ以上に重要だったのは不運なラットと異なりランディ青年は不安や恐怖といった深刻な精神的ストレスを受けなかった点が良かったのではないだろうか。ランディ青年を目覚めさせるため、サポーター役の友人達が一緒に散歩をしたり、励ましの声かけをするなどしたという。このような愛情こもったメンテナンスにより、神経細胞障害や免疫能低下の原因となるストレスホルモンの分泌はラットの場合とは違ってかなり抑えられていたと思われる。戦時下や虐待など過酷な環境下で睡眠が剥奪されたとしたらランディ青年のように心身ともに無事でいられたとは思われない。

 それにつけても、睡眠科学の発展のために恐怖と睡眠不足の中で命を失った動物たちに合掌。

つづく

三島和夫

(イラスト:三島由美子)

三島和夫(みしま かずお)

1963年、秋田県生まれ。秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授。医学博士。1987年、秋田大学医学部医学科卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事など各種学会の理事や評議員のほか、睡眠障害に関する厚生労働省研究班の主任研究員などを務めている。これまでに睡眠薬の臨床試験ガイドライン、同適正使用と休薬ガイドライン、睡眠障害の病態研究などに関する厚生労働省研究班の主任研究者も歴任。『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(川端裕人氏と共著、集英社文庫)、『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』(編著、じほう)などの著書がある。近著は『朝型勤務がダメな理由』。