第123回 昼寝の多さは自己責任ではなく遺伝? 昼寝と生活習慣病に関わる遺伝子を発見

 さらに、研究者らは約54万人が参加している別の遺伝研究コホートのデータを活用して、英国バイオバンクで得られた結果を検証した。その結果、123の遺伝子座のうち61の遺伝子座で再び昼寝との関連が認められた。このコホートを所有しているのは米国カリフォルニア州を拠点とする遺伝子検査を行うベンチャー企業23andMeで、英国バイオバンクとは異なるボランティアが参加している。ちなみに、こちらの参加者は「週に何日、15分以上の昼寝をしますか?」という質問に、0日〜7日の範囲内で回答している。こちらもやはり大雑把である。

 とはいえ、異なるサンプルを用いても結果が再現されたことから、少なくともこの61の遺伝子座に含まれる遺伝子群は昼寝に関連している可能性が非常に高いと言ってよいだろう。そして今回の研究結果の目玉は、その内訳である。

 まずは脳内で覚醒を促す作用を発揮しているオレキシンというホルモンの受容体遺伝子が遺伝子座に含まれており、さらに詳しく調べてみると、そのタイプによって昼寝の回数が異なっていた。つまり、覚醒力が低い遺伝子パターンを持っている人がより多く昼寝をしている可能性があるのだ。

 このことは何を意味するのか? 先にも書いたが今回の研究参加者は40~69歳である。働き盛りの世代も多く含まれている。通常、この世代の昼寝は睡眠不足や夜勤などライフスタイルの影響が大きいと考えられてきたが(そしてそれは間違いではないだろうが)、少なくとも昼寝行動の一部は遺伝的な影響を受けている可能性が示されたのである。

 今回昼寝の頻度に関連して見つかった遺伝子座の中には、過去の研究で代謝、肥満、高血圧などとの関連が知られている遺伝子が多く含まれていた。興味深いことに、それら遺伝子の中には、昼寝と生活習慣病リスクの両者に直結しているものもあった。例えば、神経細胞の分化・発達に関与している「PNOC」という遺伝子が作るタンパク質は肥満リスクと同時に、オレキシンの作用を抑える脳内物質の生成にも関わっている。研究者らはこれを“an obesity-hypersomnolence pathway(肥満―眠気経路)”と呼んでいる。

 さらに、イビキの多さ、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、不眠症、レストレスレッグス症候群、夜型傾向(クロノタイプ)など睡眠の質を低下させ、かつ生活習慣病のリスクを高めることが実証されている睡眠障害との関連が疑われている遺伝子や、人での機能はまだよく分かっていないが線虫、ショウジョウバエ、ゼブラフィッシュなどの生物で睡眠行動や生体リズムの調整に関わっている遺伝子も含まれていた。

 このように昼寝の頻度に関わる遺伝子が多数見つかり、今後それら一つ一つの機能が解明されれば、昼寝が多いことがどのように生活習慣病を引き起こすのか、そのメカニズムについても明らかになるだろう。もしかしたらそこから新しい作用機序の生活習慣病治療薬が開発されるかもしれない。えてして大きな発見はこのような傍流の研究から生まれてくることが多いからだ。

次ページ:遺伝子決定論に惑わされて嘆く必要はない

おすすめ関連書籍

朝型勤務がダメな理由

あなたの睡眠を改善する最新知識

「ためしてガッテン」などでおなじみ、睡眠研究の第一人者が指南!古い常識やいい加減な情報に振り回されないために知っておくべき情報を睡眠科学、睡眠医学の視点からわかりやすく説明。

定価:1,540円(税込)