赤ちゃんが産声を上げられるのはオートファジーのおかげ? 東大の最新研究を解説

マウスの肺の細胞。画像の黄色い部分で、オートファゴソームとラメラ体が融合している。(提供:森下英晃(東京大学大学院医学系研究科))

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー