宍道湖と私

 著者は卒業論文、修士論文、学位論文すべて、宍道湖をテーマに書いた。卒論では宍道湖の248箇所から採取された泥の中の多毛類(=釣りエサにするゴカイを含む動物群)について、どんな種類が何匹いるかを明らかにした。高校の生物部でウミウシ類の研究もしていた著者は、大学に入って自主研究で大阪湾の多毛類を採取し、国立科学博物館の専門家に弟子入りして多毛類の種類を見分ける技術を身につけていた。

 多毛類の種類を決めるには、イトゴカイの仲間だと足の毛をピンセットで引き抜いて顕微鏡で形を観察し、ゴカイやイトメの仲間だとアゴを引き裂いて中の吻(ふん)を取り出し、ついている突起を数えるなど、かなり手間のかかる作業を要する。1地点に仮に10匹いたとしても、2480回そういった作業を行なわねばならない。泥から多毛類を取り出すために篩(ふるい)にかけて流している間に細長い多毛類は切れ切れになり、それらを並べて元の大きさを推定する手間も生じる。

 さらには、結構多く出てくる種類が成長につれて決め手となる毛の形が変わるように見えたので、当時はまだ操作が大変だった電子顕微鏡で幼いものから成虫まで探し出して毛を並べて比較するという作業も入った。塩分が非常に薄い宍道湖に棲むイトゴカイの仲間を先行研究では海産種と同定していて、そんなハズないだろうとデンマークからタイプ標本(=その動物の模式とされる標本)を取り寄せて比較したら、タイプ標本には宍道湖産にはない鰓(えら)と目があり別物だった(つまり宍道湖のは新種だった)など、次から次へとハプニングが起きた。著者の生涯で卒論研究ほどハードだったものはない。約半年は1日の睡眠時間が3時間を超えることはなかったように記憶しているが、この研究が後に、ウナギ・ワカサギ減少原因を特定する決め手のひとつとなる。

 修論では宍道湖の多毛類を日本のほかの汽水湖と比べるため、大きなザックに採泥器を入れて、北海道から九州まで汽水湖行脚をした。宍道湖と塩分が近い涸沼では宍道湖と比較するために冬も調査したが、5㎜のウエットスーツで4℃の湖水での潜水作業は死ぬかと思った。

宍道湖で今も続くシジミ漁の風景(写真提供:山室真澄)
宍道湖で今も続くシジミ漁の風景(写真提供:山室真澄)
[画像をタップでギャラリー表示]

 学位論文では多毛類から離れ、同湖の重要な水産物であるヤマトシジミをテーマにした。宍道湖を淡水にするとこの貝がいなくなることで水質が悪化することを証明し、漁師さんたちから学位取得のお祝いにとウナギ尽くしの祝宴を開いていただいた。ウナギのあらいを食べたのは後にも先にも1991年のこのときだけだが、その2年後にウナギが激減するなど、あのときは夢想だにしなかった。

 そして就職後も30年にわたって宍道湖を研究し続けてきた経験から、宍道湖でウナギとワカサギが捕れなくなったのは、水田でネオニコチノイド系殺虫剤を使うようになったためという仮説を立て調査を行なってきたのである。

つづく

山室真澄(やまむろ ますみ)

1960年愛知県生まれ。東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。専門分野は陸水学、沿岸海洋学、生物地球化学。学生時代の卒業研究から学位論文まで宍道湖の生きものをテーマに研究。その後も一貫して同湖の研究を続け、2019年にはウナギとワカサギの激減と殺虫剤ネオニコチノイドの関連をひもとく論文を学術誌「Science」に掲載された。

東大教授が世界に示した衝撃のエビデンス 魚はなぜ減った? 見えない真犯人を追う

近年ミツバチの大量死などで注目を浴びた「ネオニコチノイド系殺虫剤」。著者は、島根県・宍道湖のウナギとワカサギの漁獲高が激減したのは、この殺虫剤が水中の食物連鎖を破壊したためではないかという仮説を立てた。本書では当連載で紹介された内容に加え、議論に必要な「食物連鎖」「物質循環」といった概念もわかりやすく解説。また、漁獲高減少の要因として、湖岸改変や外来魚の影響なども検討し、さらには異変が発生した当時の環境中のネオニコチノイド系殺虫剤の濃度も推定したうえで、結論を導き出している。
著者:山室真澄
価格:1,100円(税込)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る