ウナギとワカサギが激減した宍道湖

1993年に周辺地域でネオニコチノイド系殺虫剤が使用されるようになって以来、宍道湖ではこのウナギとワカサギが激減した。(写真提供:つり人社)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー