「海のハンター展」に行ってみた。初公開のホホジロザメは大迫力、写真16点

[画像のクリックで拡大表示]

 これは「深海」のサメ。白っぽいのはミツクリザメです。エサをとるときに上顎と下顎が前に飛び出す様子から、英語ではゴブリン・シャーク、「悪魔のサメ」と呼ばれるという話を聞いたこともあるのでは。下左はラブカです。ほかのサメと違って口が先端にあり、原始的な形をとどめていることがよくわかります。パペットみたいでかわいいかも!?

[画像のクリックで拡大表示]

「極域」の天井からはイッカクの骨格がぶら下がっていました。ツノのように見えるのは変形した歯ですが、オスしかないことから、エサをとる行動とは関係がなくメスへのアピールだそうです。

 その隣にいたのがこれ。「外洋」の生きものですが、なんだかわかりますか?

[画像のクリックで拡大表示]

 答えはシャチ。1本1本がまるで砲弾のような見事な歯。ただし、生え変わることはなく、先も鋭くないので、基本的には顎の強い力で獲物を捕らえるとのこと。圧倒的なパワーと知能を誇るシャチは間違いなく海の覇者です。

[画像のクリックで拡大表示]

「外洋」にはクロマグロアカマンボウなどの魚のほかに鳥も多かったです。クロマグロとフウライカジキの間を高く飛んでいるのはワタリアホウドリ。アホウドリをはじめ、海鳥のクチバシの先がカギ状に曲がっているのは魚が逃げないようになっているから。