新型コロナ感染症 1枚の写真がインドネシアや世界に与えた衝撃

プラスチックシートに包まれたCOVID-19で亡くなった犠牲者の写真―隠しておきたい事実をインドネシア国民に突きつけた。

新型コロナ、なぜこんなに嗅覚障害が多いのか、回復の見込みは?

新型コロナで入院した患者の34~98%に嗅覚障害があったという症例報告や、PCR検査で陽性になった人は陰性より27倍も嗅覚障害が多かったという報告がある。多くは数週間以内に回復するが、長期的に嗅覚を失う患者がいるかどうかはまだわからない。

新型コロナワクチン、注目の有力候補はこの7つ

世界中で開発が急がれるコロナワクチンの中から、最終段階である第3相臨床試験まで到達し、期待を集める先行組を紹介する。

フランスの現在、第一波を越えて迎える静かな夏

第一波では感染者が急増し、これまでに3万人が亡くなったフランス。市民は今、第二波の不安と向き合いつつ、新たな夏の日常を取り戻そうとしている。

英オックスフォード大のコロナワクチン候補、最終治験を開始

英国のオックスフォード大学が製薬会社アストラゼネカと共同で開発した「ChAdOx1」の臨床試験が、ブラジルで5000人の被験者を対象に始まった。WHOの主任科学者が5月に最も研究が進んでいるコロナワクチン候補と発言していた。

モデルナ社のワクチン候補、臨床試験の最終段階へ

米モデルナ社が開発するワクチンが第3相試験に入った。mRNAワクチンの働きと、同社ワクチンの現状について解説する。

トリアージ、医師が直面する「命の選択」の難しさ

トリアージの目的は、できる限り多くの人々に最善の治療を行うことだが、コロナウイルスが蔓延する中、この原則をどう守っていくのか、医療従事者は苦しい選択を迫られている。

パンデミックと闘い続ける人類

新型コロナウイルス感染症の流行が収まった後も、今回のパンデミックで得た教訓を忘れずにいられるだろうか?

新型コロナワクチンが高齢者に効きにくい可能性

老化した免疫系に新しいことを教えるのは難しい。それがCOVID-19ワクチンの開発を複雑にしている。

変異した新型コロナウイルスが優勢に 過剰な心配は不要

現在広がっている新型コロナウイルスは、当初のものから変異したタイプで、感染力が強まっている可能性があるとの論文が発表された。どれほど恐れるべきか、専門家に聞いた。

コロナワクチンでカブトガニに危機? 保護活動家らが危惧

新型コロナワクチンの製造に伴いカブトガニの需要が増え、個体数の減少と生態系への影響を懸念する声があがっている。

新型コロナ、米NYの高い致命率が判明、従来のほぼ倍

米国をはじめ、感染者数が再び急増している国では、現在と同じ対応をしていては夏から秋にかけて恐ろしい事態になると疫学者らが憂慮している。

私たちはどうなる?米国で暮らすインド移民の不安

米国に暮らす合法なインド移民である筆者は、いつもこう思っていた。家族が彼女を必要とすれば、インドに戻ることができると。コロナウイルスで渡航禁止になるまでは。

なぜ人は密にならずにいられないのか、その進化的な理由

新型コロナウイルスへの感染リスクがあっても人と会いたいという人間の欲求には、進化的な基盤がある。

コロナワクチン、安全性と有効性をどこまで追求すべきなのか

世界中で140種類以上の研究が進められている新型コロナウイルスのワクチン。いずれも高いほうがいいに決まっているが、どの程度なら一般の人々に接種する準備が整ったと言えるのかは極めて難しい問題だ。

この連載の前回の
記事を見る