コロナ禍はいつまで続く?:「ただの風邪」になるシナリオの場合

新型コロナウイルス感染症で最も可能性が高い長期的なシナリオは、日常的な病気、つまりただの風邪になるというものだ。そうなるとしたら、どんな道筋をたどるのだろうか。

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

一時話題になった2022年終息説は、その研究では早く終わる場合の米国のシナリオだ。終息には何が必要で、どう進んでゆくのだろうか。

マスクの不快感、「折り紙」技術で解決できるか

マスクへの関心が再び高まっている今、フィット感が高く、快適で、スタイリッシュに顔を覆うことができる折り紙マスクが注目されている。

なぜ変異株にもコロナワクチンは効くのか、その根拠とは

新型コロナウイルスは今のところ、現行のワクチンが無効になるほど変異したとの証拠は得られていないが、今後も監視を継続することが非常に重要だ。

感染者数2400万超、米国にみる新型コロナ検査の課題とは

新型コロナウイルスの感染者が米国で初めて確認されてから1年。検査の現状はどうなっているのか、バイデン新政権下でどう変わるのだろうか。

パンデミックの大波かぶる観光業、世界遺産マチュピチュやクスコにもたらした問題

国外からの旅行者がいなくなったペルーでは、働き手がサービス業から農業や建設業に移っている。彼らが失った仕事は今後、取り戻せるのだろうか。

新型コロナ、ワクチン開始前に知っておきたい免疫のこと

この1年間で、新型コロナウイルスへの免疫についての理解は飛躍的に高まった一方で、どのくらい持続するかなど、まだ疑問も残っている。

新型コロナワクチンのアレルギー、リスクは? 米CDCが報告

米疾病対策センター(CDC)の報告によると、重篤なアレルギー反応が起こるケースはまれだ。ワクチン接種を不安に思う人々はどうすればよいだろうか。

ゴリラが新型コロナに感染、人間以外の動物で7番目

米国カリフォルニア州の動物園で、ニシローランドゴリラ3頭が新型コロナウイルスに感染した。大型類人猿のコロナ感染が確認されたのは、これが初めてだ。

新型コロナで精神医療がますます逼迫している、米国

パンデミックをきっかけに、心の問題に助けを求めることへのハードルは下がっているが、精神医療従事者の不足という根本的な危機は深刻化している。

次々と見つかる新型コロナ変異株、原因と対策は?

大規模なゲノム調査を行う英国ならではの発見で、調査の重要性が浮き彫りになった。慢性化した感染者の体内でウイルスが長期間複製を繰り返すなか、免疫を抑制する実験的な治療法が変異を促したとする説が浮上している。

2週間の隔離は本当に必要? 短縮に向け新たな研究成果

濃厚接触者や外国からの入国者の「14日間の隔離」は当人だけでなく、取り巻く環境にとっても大きな負担だ。隔離期間を短縮し、かつ効果の高い方法を、研究者が模索している。

なぜ冬にコロナは広がりやすいのか? 理由は「密閉」の他にも

以前から懸念されていた通り、冬を迎える各国で新型コロナの感染が急拡大している。季節の変化が新型コロナをはじめとする呼吸器系の感染症にもたらす影響について、専門家に聞いた。

コロナ禍が続く中、クルーズ船はなぜ運航を再開するのか

新型コロナのパンデミックが続く中、ヨーロッパやアジアでクルーズ船が運航を再開しつつある。大打撃を受けた業界は再生できるのか?「自宅よりも船の上にいる方が安全に感じた」と語る乗客も。

野生動物で初の新型コロナ感染を確認、野生のミンクで

野生動物で初めて新型コロナに感染した個体が発見された。米国に生息する野生のミンクで、感染が広がったミンク農場のそばで見つかった。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る