コロナワクチンの混合接種は安全? 効果は? 今わかっていること

英米の治験では、混合接種は安全なだけでなく、ワクチンの組み合わせによっては効果も向上することが示唆されている。

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

一時話題になった2022年終息説は、その研究では早く終わる場合の米国のシナリオだ。終息には何が必要で、どう進んでゆくのだろうか。

コロナ禍はいつまで続く?:「ただの風邪」になるシナリオの場合

新型コロナウイルス感染症で最も可能性が高い長期的なシナリオは、日常的な病気、つまりただの風邪になるというものだ。そうなるとしたら、どんな道筋をたどるのだろうか。

どう終わる?コロナのパンデミック 過去の感染症からわかること

世界中が期待する「パンデミック終息宣言」、どんなシナリオが考えらえれるのか。

今季のインフルエンザ、新型コロナと同時流行の恐れ

コロナ下の米国ではインフルエンザの深刻な感染拡大が懸念され、同時流行の恐れがある。両方のワクチン接種がさらに重要になると専門家は警告する。

コロナで糖尿病を発症、米で年10万人、膵臓に深刻な被害の恐れも

糖尿病にウイルス感染が関係しているという説は以前からある。新型コロナのパンデミックはその長年の謎を解明するチャンスかもしれない。

コロナの飲み薬候補、入院・死亡リスクが大幅減、状況変える?

米メルク「モルヌピラビル」の有望な治験結果が得られたことで、世界初の自宅で服用できる新型コロナ飲み薬として承認されるかもしれない。

コロナで聴覚や視覚に異常、回復せず人工内耳を埋め込んだ例も

新型コロナウイルスに感染すると嗅覚や味覚障害が起きやすいことは知られているが、聴覚や視覚、触覚にも影響が出る例がある。いずれも詳しいメカニズムはわかっていない。

新型コロナで男性の性機能が低下、今わかっていること

新型コロナウイルスに感染した男性の性機能低下がいくつも報告されている。勃起不全の可能性が6倍近く高くなるという研究も。これまでにわかっていることをまとめた。

米国のコロナ死者数 100年前の「スペインかぜ」を上回る

米国史上最悪のインフルエンザパンデミックから百余年、今あらためて過去の経験に学ぶ。

コロナワクチンが義務化されるとどうなる? 効果は? 米国の例

バイデン大統領は9月9日、約1億人規模のワクチン義務化を伴う新たな感染対策を発表した。「米国的でない」という批判の声もあるなか、義務化をめぐる現状をレポートする。

コロナの新たな変異株「ミュー株」、危険度は?

8月30日にWHOが「注目すべき変異株」に分類した「ミュー株」。デルタ株より警戒レベルは低いものの、実験では中和抗体への耐性が最高レベルという研究結果もあり、不明な点が多いという。

米国人の“マスク嫌い”に変化、コロナ後も定着するか

米国でも他の国のように、インフルエンザなどの呼吸器疾患の予防のためにマスクをすることが習慣になるかもしれない。

コロナで注目の抗寄生虫薬イベルメクチン、今わかっていること

科学的根拠が乏しく、誤った情報がまん延するなか、多くの米国人が新型コロナの予防と治療のために抗寄生虫薬のイベルメクチンを買い求め、大きな問題になっている。

新型コロナ、“無症状”でも無害とは限らない

新型コロナウイルスの感染がもたらす潜在的な影響や、長期的な健康問題につながる可能性に関する研究が進められている。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る