新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

中国の野生動物取引はどうなる?「なんでも食べる中国人」は神話

中国の野生動物市場に関する報道を見ると、すべての中国人が野生動物料理に親しんでいるように思われるが、多くの中国人はそのようには感じていない。

新型コロナの類似ウイルスをセンザンコウから検出、人へ媒介か

最新の研究で、センザンコウが新型コロナの類似ウイルスをもつことが判明した。今回のパンデミックの原因とは言い切れないが、少なくとも次のコロナ危機を引き起こす可能性を秘めている。

新型コロナ厳戒下の副作用? 動物フェイクニュースの拡散相次ぐ

世界中の街で厳戒態勢が敷かれる中、野生動物に関するフェイクニュースが出回っている。嘘はなぜ発信され、拡散されるのか。

新型コロナ、WHOがパンデミックと宣言、制御は可能?

パンデミックとは、具体的には何を指すのだろうか。そして、WHOのような主要公衆衛生機関がパンデミックを宣言した場合、何が起こるのだろうか。

新型コロナ感染症は「不平等のリトマス紙」なのか

新型コロナのパンデミック宣言が出された中、その予防策も徐々に浸透してきた。一方で、その予防策が取りにくい人、そのために犠牲になる人がいる。

ギャラリー:新型コロナ、非常事態ベネチアの厳しい現実、写真7点

観光業は一瞬にして吹き飛び、薬局とスーパー以外の商店は営業禁止に。かつて「最も落ち着いた場所」と呼ばれたベネチアが今、激しく動揺しています。

新型コロナ、都市の封鎖や移動制限はどうすべき?

新型コロナウイルスに直面している今、地域的な封鎖や移動制限といった戦術の弱点や、本当に効果があるのかといった研究結果を研究者らが発表し始めた。

新型肺炎、武漢から580キロの町が機能不全の実態

武漢から580キロ離れた「中国ハードウェアの都」浙江省永康が機能不全に陥っている。周辺の村はバリケードを築いてよそ者の進入を拒む。混乱する中国の実態。

新型肺炎、封鎖された武漢で一体何が起きているのか

新型コロナウイルスの感染が拡大し、発生地となった武漢市が封鎖されてから2週間余り。現場で対応にあたる医療関係者と、自宅隔離を続ける市民に生の声を聞いた。

すでに数千人が発症か、中国の新型肺炎、疫学者らが発表

英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームが、実際の発症数は数千に上るという推定を発表。これまでにわかったことや今後の可能性をまとめる。