新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

コロナ禍で野良ネコたちに何が起きているのか

都市が封鎖されて観光業がストップしたことで、世界中の路上で暮らす野良ネコや野良イヌの生活も混乱に陥っている。

コロナワクチンは発症だけでなく感染も予防、わかり始めた効果

ワクチン接種は本人を守るだけでなく、他人にウイルスを感染させるリスクも低下させることが最新の研究結果から明らかになりつつある。

コロナワクチンは何回打てばいいのか、毎年接種の可能性も

感染拡大を抑え、変異し続けるウイルスに先んじるには、インフルエンザワクチンのように年に一度の接種が推奨される可能性もあると一部の専門家は言う。

開発進む「ワクチンパスポート」につきまとう「深い懸念」

世界各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、施設への入場や旅行の際に「ワクチンパスポート」の開発が進んでいる。専門家に現状と課題を聞いた。

コロナワクチン接種後のごくまれな血栓症、治療は可能

ジョンソン・エンド・ジョンソンとアストラゼネカのコロナワクチンに関連するまれな血栓症。接種が一時中止されるも、原因や迅速な診断・治療法について研究が進められている。

コロナ変異株が増えるとこうなる、米国で最も優勢に

日本でも大半を占めるB.1.1.7変異株が大人にも子どもにも広がっており、ワクチンの接種をさらに急ぐべき理由はそこにもあると、専門家は指摘する。

変異株向けのワクチン戦略が望まれる理由、米国は治験を開始

変異株の拡大に科学者たちが懸命に反撃、新型コロナの危険な変異には限りがあるという吉報も。

コロナ起源は野生動物か、WHO報告書、飼育容認の中国に懸念

新型コロナウイルスは野生動物からヒトに感染した可能性が高いという報告書をWHOが発表したが、食用以外の野生動物の飼育を中国は容認しており、新たな感染症のリスクが懸念される。

新型コロナ、人々は喪失や悲嘆とどう向き合っているのか

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を宣言してから1年。新型コロナによる死者が50万人を超える米国では、愛する人を失った人たちが悲しみを共有し、前へ進むための方法を模索している。

コロナ下で増える「先延ばし」行動、対処方法は?

新型コロナによるパンデミックが、私たちの「先延ばし」行動に拍車をかけている。報復のための夜更かしから「生産的」な先延ばしまで、事例とともに対処法を紹介する。

米国で新たなコロナ変異株が急増、危険度は不明

米国では新型コロナウイルスの新しい変異株への懸念が高まっているが、ワクチンメーカーは追加接種用ワクチンの開発を計画しており、研究者も変異株の実際の危険性を調べている。

大型類人猿に初めてコロナワクチンを接種、米動物園

1月にゴリラの群れが新型コロナウイルスに感染した米国の動物園で、オランウータンとボノボがワクチン接種を受けた。今後はゴリラにも接種する予定だ。

新型コロナ治療薬、新たな有力候補が急浮上

新型コロナの完璧な治療法は見つからないかもしれないが、患者に合った適切な投薬が救命につながる。関節リウマチ薬の有効性を示す結果相次いで報告された。

マスクは? 集会は? 旅行は? コロナワクチン接種後の行動Q&A

ワクチンを接種した人が増えるにつれて、ある種の行動の危険性は低くなっていくが、専門家はまだしばらくの間は用心を怠らないよう呼びかけている。

妊娠中の新型コロナワクチン接種、どう判断すればいいのか

妊娠中に予防接種を受けるべきか否か、判断材料となるデータは少ない。現状でわかっていること、わかっていないこと、効果とリスクの比較について専門家に聞いた。