新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

変異した新型コロナウイルスが優勢に 過剰な心配は不要

現在広がっている新型コロナウイルスは、当初のものから変異したタイプで、感染力が強まっている可能性があるとの論文が発表された。どれほど恐れるべきか、専門家に聞いた。

コロナワクチンでカブトガニに危機? 保護活動家らが危惧

新型コロナワクチンの製造に伴いカブトガニの需要が増え、個体数の減少と生態系への影響を懸念する声があがっている。

新型コロナ、米NYの高い致命率が判明、従来のほぼ倍

米国をはじめ、感染者数が再び急増している国では、現在と同じ対応をしていては夏から秋にかけて恐ろしい事態になると疫学者らが憂慮している。

私たちはどうなる?米国で暮らすインド移民の不安

米国に暮らす合法なインド移民である筆者は、いつもこう思っていた。家族が彼女を必要とすれば、インドに戻ることができると。コロナウイルスで渡航禁止になるまでは。

なぜ人は密にならずにいられないのか、その進化的な理由

新型コロナウイルスへの感染リスクがあっても人と会いたいという人間の欲求には、進化的な基盤がある。

コロナワクチン、安全性と有効性をどこまで追求すべきなのか

世界中で140種類以上の研究が進められている新型コロナウイルスのワクチン。いずれも高いほうがいいに決まっているが、どの程度なら一般の人々に接種する準備が整ったと言えるのかは極めて難しい問題だ。

コロナが動物に恩恵、交通事故死が大幅減、米国

新型コロナのパンデミックで交通量が激減した米国では、ピューマなどの大型動物の交通事故死が大幅に減ったとする新たな報告書が発表された。

新型コロナ、第二波はどうすればうまく防げるのか

感染者が急増し、病院に過度な負担がかかり、夏に第二のロックダウンがやってくれば、米国は大きな打撃を被るだろう。この流れを変えるためになすべきこととは。

新型コロナ「接触通知アプリ」はどれほど有効なのか

アップルとグーグルが共同開発した接触通知ツールが公開された。こうしたアプリの効果と課題や、安全な市民生活に必要なことを解説する。

新型コロナウイルスが廃止早める オランダのミンク産業

主要な毛皮輸出国オランダで、新型コロナウイルスの拡大防止のため、50万匹を超えるミンクが殺処分された。毛皮産業の廃止が加速するか。

フィレンツェの伝統スポーツ コロナで2020年は開催の危機

暴力的だが長年地元で愛されてきた伝統競技「カルチョ・ストーリコ」。今年はその開催が危ぶまれている。

メッカ大巡礼、今年はサウジ国内の1000人のみに

200万人のイスラム教徒が聖地メッカを訪れる年に一度の大巡礼(ハッジ)を前に、サウジアラビア政府は国外からの巡礼者を受け入れない方針を発表した。

トイレの水流でエアロゾルが発生、コロナ感染リスクも、研究

水を流すときにウイルスを含んだエアロゾルが高さ1m、1分以上空中に舞うおそれがあるという研究結果が発表された。トイレを使う際に注意すべきことを専門家に聞く。

米留学ビザ発給制限が撤回へ、100万人の学生大混乱の1週間

対コロナの安全配慮に逆行する措置にハーバード大学長は「残酷な上に無謀」と非難。学業中断と国外退去の危機にどう対応するのか、学生たちに聞いた。

コロナ・失業・猛暑、「三重苦の夏」がやってくる

今年の夏、米国では多くの地域で例年より厳しい暑さが予測されている。新型コロナのパンデミックと高い失業率の中、社会的弱者をどうやって猛暑から守るか、全米の自治体が頭を悩ませている。