新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

オミクロン株はなぜ感染しやすく、重症化しにくいのか、最新研究

感染力の強いオミクロン株から身を守るには? ワクチン、マスク、表面の消毒、ソーシャルディスタンスなど、従来の対策を変える必要はあるのか。

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

一時話題になった2022年終息説は、その研究では早く終わる場合の米国のシナリオだ。終息には何が必要で、どう進んでゆくのだろうか。

コロナ禍はいつまで続く?:「ただの風邪」になるシナリオの場合

新型コロナウイルス感染症で最も可能性が高い長期的なシナリオは、日常的な病気、つまりただの風邪になるというものだ。そうなるとしたら、どんな道筋をたどるのだろうか。

どう終わる?コロナのパンデミック 過去の感染症からわかること

世界中が期待する「パンデミック終息宣言」、どんなシナリオが考えらえれるのか。

コロナとアルツハイマーに意外な関連、よく似た症状の謎と光明

脳に霧がかかったようになって日常生活に支障をきたす「ブレインフォグ」と呼ばれるコロナの後遺症の研究が、長い間研究者を悩ませてきたアルツハイマー病の研究に新たな洞察をもたらす可能性が出てきた。

コロナ陽性者の隔離期間が短く、根拠は? 接触者は? 米国の例

オミクロン株の感染が広がる中、どのような科学的根拠があり、また、私たちはどのように身を守ればよいのかなどについて、Q&A形式で解説する。

コロナ感染で人格が変わる? 脳研究でわかってきたこと

アルツハイマー病などの神経変性疾患や外傷性脳損傷のように、新型コロナ感染症も、脳を損傷させて行動の変化を引き起こしているかもしれない。

新たな変異株の抑制、最も強力な武器はワクチンの世界的な普及

オミクロン株の登場は、新型コロナワクチン供給の不平等が招いた結果を浮き彫りにしている。この問題を解決するためには寄付だけで不十分だと専門家は言う。

【写真が記録した2021】 コロナ禍

2021年はパンデミックに振り回された1年だった。ワクチン接種が始まり、経済活動を再開できるとの期待が高まったが、接種は思うように進まなかった。以前の日常生活が戻りつつあるとはいえ、ウイルスの脅威はいまだ続いている。"

追加接種のオミクロン株への有効率は70%超、ファイザー製、英研究

新型コロナウイルスワクチンで獲得した免疫は徐々に低下するが、ブースター接種によって、感染力の強いオミクロン株に対しても防御力が高まる。

英国でオミクロン株の死者、現行のワクチンと治療薬は効くのか

急速に感染が拡大する新型コロナウイルスのオミクロン株。ワクチンの追加接種や一部のモノクローナル抗体薬の有効性が示唆されている。

オミクロン株に備え、コロナワクチンの改良が急加速

専門家によると、オミクロン株に対応することはそれほど難しいことではなく、安全なワクチンを作ることが可能だ。

長引くコロナの心臓後遺症、なぜ? 治療法は? 研究に進展

新型コロナウイルス感染症からの回復後も、動悸や胸の痛み、息切れなどを感じる患者は少なくない。しかし、新しい研究によって希望が見えてきた。

急拡大のオミクロン株、現状の要点は? 詳しく解説

最初の報告からまだ間もないため、重症化リスクを含めて謎が多いものの、少ないデータの読み解き方を解説する。また、専門家はワクチンとマスクが最善の対策であることに変わりないという。

コロナワクチンの開発にヒトの胎児細胞が使われる理由

ワクチンから一般的な鎮痛剤まで、医薬品開発にヒト胎児に由来する細胞が使われる理由とその使われ方について専門家が解説する。