新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

コロナワクチンの「接種後感染」、重症化は極めてまれ

米疾病対策センター(CDC)が発表した7月19日時点のデータによると、重いブレイクスルー感染が起こる割合は極めて低かった。

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

一時話題になった2022年終息説は、その研究では早く終わる場合の米国のシナリオだ。終息には何が必要で、どう進んでゆくのだろうか。

コロナ禍はいつまで続く?:「ただの風邪」になるシナリオの場合

新型コロナウイルス感染症で最も可能性が高い長期的なシナリオは、日常的な病気、つまりただの風邪になるというものだ。そうなるとしたら、どんな道筋をたどるのだろうか。

コロナ禍の米国 空腹と闘う

パンデミックにより、十分な食事をとれない米国人が急増している。多くの人にとって、慈善団体や近所の人の助けが頼みの綱だ。

鼻で吸うコロナワクチンが臨床試験へ、高い効果が期待される理由

新型コロナのパンデミックを受け、経鼻ワクチンの利点や、なぜ腕に注射するよりも効果的なのかについて研究が加速している。

コロナワクチンの追加接種はまだ不要、科学者らが主張する理由

変異株の拡大を受けて、製薬会社は追加接種の緊急承認を求める一方、米国の規制当局は不必要と強調した。なぜ食い違うのか、科学的知見を中心に解説する。

ペルーで猛威のコロナのラムダ株、今わかっていること

ラムダ株は変異によって免疫を回避している。研究者たちは、デルタ株よりも危険性や伝播性が高いかどうかを調べている。

イスラム教とコロナワクチン、一部は「禁忌」との声も、米国

新型コロナワクチンに関するデマを払拭する活動が一部のイスラム教徒コミュニティにおけるワクチン接種率を高めている一方で、禁忌にまつわる疑念も消えていない。

デルタ株が急拡大、ワクチン接種率の低い地域ほど危険

米国、英国など10数カ国で感染の主流になっている危険なデルタ株を防ぐには、ワクチンの完全接種が必要だと、新たな研究結果は強調する。

植物由来のコロナワクチンが最終治験に、まもなく実現か

待望の植物由来ワクチン技術は、新型コロナワクチンの途上国への普及に役立つ可能性がある。

コロナ「デルタプラス」株の危険度は? 今わかっていること

新型コロナウイルスの新たな変異株がインド、日本、米国、英国など10カ国以上に広がる中、科学者らが伝播性や重症化のしやすさなどについて解明を急ぐ。

コロナ下で女性の雇用回復が遅れ、貧困も増える ゲイツ財団報告

なぜ女性の方が男性より雇用の回復が遅れているのか。最新のデータがその理由を明らかにした。解決策はあるのか。

実は子どもにも多い新型コロナ後遺症、今わかっていることは

多くの子どもたちが悩まされている新型コロナ後遺症。科学者たちはまだ答えを出せずにいるなか、親たちはリスクへの注意と治療法の解明を求めている。

コロナワクチン接種後の心筋炎、症状は? 頻度は「極めてまれ」

米疾病対策センター(CDC)が発表したmRNAワクチンの2回目接種後のデータによると、依然としてメリットがリスクを大きく上回っている。

米国の新型コロナ死者数、60万人を突破

新型コロナによる米国の死者が60万人を超えた。ワクチン接種が進み減少傾向にあるが、接種率は地域により差があり、専門家は集団免疫の実現に向け注意を呼びかける。