新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

オミクロン株の新系統BA.4とBA.5で感染者が再び急増、南ア

従来のオミクロン株とは大きく異なるBA.4とBA.5。ほかのオミクロン株とは何が違うのかをはじめ、これまでにわかっていることは。

コロナ禍はいつまで続く?:「ただの風邪」になるシナリオの場合

新型コロナウイルス感染症で最も可能性が高い長期的なシナリオは、日常的な病気、つまりただの風邪になるというものだ。そうなるとしたら、どんな道筋をたどるのだろうか。

どう終わる?コロナのパンデミック 過去の感染症からわかること

世界中が期待する「パンデミック終息宣言」、どんなシナリオが考えらえれるのか。

いま主流のオミクロン株の「危険度」、従来株と同レベルか

BA.2への感染は、以前考えられていたほど軽症ではなく、またさらに新しいオミクロン変異株も急速に広まっている。今わかっていることは。

さらに強力なコロナワクチン誕生か、「T細胞ワクチン」に進展

初期の治験では、T細胞を活性化させるワクチン候補に強力で迅速な作用があることが示唆された。免疫不全患者を守る効果も期待できる。

めまい、混乱、言葉が出ない…コロナは軽症でも認知力低下の恐れ

新型コロナウイルス感染症は脳に10年分の老化に相当する変化を起こし、注意力や記憶力の問題を発生させうることが新たな研究でわかった。

「コロナのつま先」の謎、コロナと同時に急増でも検査は陰性

つま先が赤紫色に腫れ、時に痛みを伴う病変は、パンデミック初期に見られた奇妙な症状のひとつだ。専門家は新型コロナによる可能性も視野に、その原因を探っている。

「コロナに決してかからない人」はいるのか? 研究が進行中

何度も新型コロナウイルスにさらされても、感染・発症しなかったという人がいる。感染・発症する人としない人では何が違うのか。新しい治療法の手がかりとなるか、研究が進められている。

パンデミック宣言から2年、驚きの連続だった新型コロナの科学

世界保健機関のパンデミック宣言から2年がたった今、これまでに解明されたことを振り返り、今も専門家を悩ませる謎を紹介する。

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

一時話題になった2022年終息説は、その研究では早く終わる場合の米国のシナリオだ。終息には何が必要で、どう進んでゆくのだろうか。

100年前にもあった「スペインかぜ疲れ」とその教訓

100年以上前、パンデミックに疲れ切った米国の人々は、2年間続いたロックダウンやマスク着用義務を忘れたいと願った。だが、専門家は、同じ轍を踏まないよう警鐘を鳴らしている。

シカからヒトに新型コロナが感染、初の報告、カナダのオジロジカ

北米に広く生息するオジロジカの間で新型コロナウイルスの感染が拡大している。シカからヒトに感染した例はこれまで知られていなかった。

マスクは子どもに害? 米国で根強い「有害論」の現在地

米国では学校でのマスク着用義務を解除する州が増えている。学校でのマスク着用を続けることが家族や教師にとって賢明である理由を専門家が説明する。

オミクロン株別系統が世界で急増、なぜ“ステルス”? 危険度は

従来の系統と比べた感染力、免疫回避能力、重症化リスク、抗体やワクチンの効果など、これまでにわかっていることを紹介する。

新型コロナの臓器損傷、世界最高輝度のX線が明らかに

新しいスキャン技術「HiP-CT」が見せる恐ろしいほど詳細な画像は、解剖学研究に革命を起こすかもしれない。