新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】

コロナは感染回数が多いほど死亡率上昇、後遺症にもなりやすい

再感染が増加するなか、感染回数が増えることでダメージが積み重なり、新型コロナ後遺症から心臓発作に至るまでの健康リスクが高まると科学者は警告している。

コロナ禍はいつまで続く?:「ただの風邪」になるシナリオの場合

新型コロナウイルス感染症で最も可能性が高い長期的なシナリオは、日常的な病気、つまりただの風邪になるというものだ。そうなるとしたら、どんな道筋をたどるのだろうか。

どう終わる?コロナのパンデミック 過去の感染症からわかること

世界中が期待する「パンデミック終息宣言」、どんなシナリオが考えらえれるのか。

4回目のコロナワクチン接種、どうすべき? 専門家に聞いた

オミクロン株BA.4とBA.5系統の流行を受け、メーカーはワクチン処方の微調整を行っている。接種した方がいいのはどんな人なのか、また秋に予定されている最新のワクチンを待つべきなのかについて、専門家に聞いた。

オミクロン株のBA.4とBA.5系統が米国で急拡大、気になる特徴とは

これまでの系統より感染力が強いうえ、ワクチンや過去の感染で獲得された抗体を回避する能力も高い。

コロナ感染実験に協力する若者たち、「ヒトチャレンジ試験」とは

新型コロナウイルスの「ヒトチャレンジ試験」は、ウイルスに対する免疫系の反応への理解を助け、よりよいワクチンや治療法の改善につながる可能性がある一方、倫理面には課題もある。

新型コロナウイルスはいつまで体内に残るのか、後遺症との関連は

米国では770万人から2300万人が新型コロナ後遺症を発症していると言われ、体内に潜伏して問題を起こす恐れも指摘されている。これまでにわかったことは。

コロナ禍で注目、失った嗅覚を取り戻す「嗅覚トレーニング」とは

新型コロナウイルスに感染した後、数カ月たっても嗅覚が回復しない多くの人が、回復を早めるために「嗅覚トレーニング」を受け、一定の効果を上げている。

オミクロン株の新系統BA.4とBA.5で感染者が再び急増、南ア

従来のオミクロン株とは大きく異なるBA.4とBA.5。ほかのオミクロン株とは何が違うのかをはじめ、これまでにわかっていることは。

いま主流のオミクロン株の「危険度」、従来株と同レベルか

BA.2への感染は、以前考えられていたほど軽症ではなく、またさらに新しいオミクロン変異株も急速に広まっている。今わかっていることは。

さらに強力なコロナワクチン誕生か、「T細胞ワクチン」に進展

初期の治験では、T細胞を活性化させるワクチン候補に強力で迅速な作用があることが示唆された。免疫不全患者を守る効果も期待できる。

めまい、混乱、言葉が出ない…コロナは軽症でも認知力低下の恐れ

新型コロナウイルス感染症は脳に10年分の老化に相当する変化を起こし、注意力や記憶力の問題を発生させうることが新たな研究でわかった。

「コロナのつま先」の謎、コロナと同時に急増でも検査は陰性

つま先が赤紫色に腫れ、時に痛みを伴う病変は、パンデミック初期に見られた奇妙な症状のひとつだ。専門家は新型コロナによる可能性も視野に、その原因を探っている。

「コロナに決してかからない人」はいるのか? 研究が進行中

何度も新型コロナウイルスにさらされても、感染・発症しなかったという人がいる。感染・発症する人としない人では何が違うのか。新しい治療法の手がかりとなるか、研究が進められている。

パンデミック宣言から2年、驚きの連続だった新型コロナの科学

世界保健機関のパンデミック宣言から2年がたった今、これまでに解明されたことを振り返り、今も専門家を悩ませる謎を紹介する。