史上最大の肉食恐竜が遂に登場!「恐竜博2016」に行ってみた。

 そして初来日を果たした貴重な赤ちゃん恐竜の実物化石も。世界に1つずつしかないカスモサウルスとパラサウロロフスです。いずれも1歳未満とみられています。赤ちゃんの骨は小さくてもろいため、化石としては残りにくいそう。

 角竜類のカスモサウルスは角やフリルが特徴ですが、赤ちゃんはフリルが発達し、角はあまり目立っていません。角竜は群れで生活していたと考えられているのですが、フリルが種を識別する目印だとしたら、子どものうちは、そのフリルで自分の存在を仲間にアピールしていたかもしれませんね。

カスモサウルスの赤ちゃん化石。
[画像のクリックで拡大表示]
パラサウロロフスの赤ちゃん化石。
[画像のクリックで拡大表示]
カスモサウルスの全身復元骨格。
[画像のクリックで拡大表示]
パラサウロロフスの頭骨。
[画像のクリックで拡大表示]