第85回 具材は挟んで載せて ベネズエラのアレパ

 よく煮込まれたカルネ・メチャーダは、やわらかな牛肉に野菜やスパイスの風味が折り重なったふくよかで深みのある味わい。その旨みたっぷりの汁を吸ったアレパはトウモロコシのふわっと甘い風味も相まって、かみしめるたびに幸福感に満たされていく。

「久々に食べたけど美味しいなあ。そういえば、アレパは揚げたりもしますよね」と関さん。その問いにジャネットさんが答える。「アレパフリータね。トウモロコシ粉を使った料理は他にもあって、例えばカチャパという少し甘いパンケーキは子どもが大好き。クリスマスにはアジャカをつくります。肉や野菜をトウモロコシ粉の生地で包んで、バナナの皮でくるみ、1時間くらい蒸したちょっと手の込んだ料理です」

「アジャカの見た目はちまきに似てますね」と関さんが例える。トウモロコシ粉の種類もいろいろあって料理によって使い分けているらしい。ベネズエラの食卓に欠かせないものなんだなあ。そんなことを思いながらアレパをパクついていると、ジャネットさんがしみじみといった。

「ああ、でもやっぱりこのP.A.N.の粉が一番美味しい。ベネズエラにいるおかあさんに食べさせてあげたいわ」

 えっ、毎朝のように食べるって言ってたのに、どういうこと? 不思議がる私にジャネットさんが話し出す。

「P.A.N.の粉はアメリカでつくられているけれど、製造元は『ポラール』というベネズエラ最大の食品メーカー。ここが1960年に国内で初めてトウモロコシ粉を発売したんです。そしたら、トウモロコシをすり潰す作業がなくなって家事が楽になると大ヒット。でもね……」

アレパの具はお好みで。いろいろな具を挟んでの食べ比べも楽しい
[画像のクリックで拡大表示]