「これを団子にするんです。さあ、手にオリーブオイルを塗って」と、スープ担当の女性に促されて手の平にオイルを塗る。団子を丸めやすくするためのようだ。よーし、やるぞと意気込むが、またびっくり。団子というからミートボールサイズかと思いきや、大豆サイズじゃないか。生地はハンドボールくらいの大きさがある。これから大豆サイズの団子を一つひとつ丸めるのか……。

ロホケ・マストの団子。手の平に数個のせて一度に丸める職人技を使う人も
[画像をタップでギャラリー表示]
ロホケ・マストの団子。手の平に数個のせて一度に丸める職人技を使う人も
[画像をタップでギャラリー表示]
ロホケ・マストの団子。手の平に数個のせて一度に丸める職人技を使う人も

「これはなかなか根気のいる作業ですねー」と生徒の一人が笑った。「ほんと、ほんと」と、団子を丸めながらの会話が弾む。クルドの女性たちも世間話をしながらみんなでつくるそうだ。「粘土遊びみたいで楽しいね」。そうMちゃんが言うと、「楽しいのは最初だけで、だんだん面倒になるんですよ」とクルドの女性たちは笑った。

 団子づくりに没頭しているうちに、ナスとピーマンの具材詰めが始まったようだ。いったん手を止めて見にいく。具は米にひき肉、トマトペースト、みじん切りにした玉ネギとニンニクを混ぜ、塩コショウと唐辛子、レモンスズなどで味付けしたもの。レモンスズとは粉末レモンのようなすっぱい調味料。クルドの家庭には必ずあり、サラダなどいろいろな料理に使うそうだ。

具をスプーンでナスやピーマンに入れる。つぶして平たくするため中身は入れすぎないよう注意
具をスプーンでナスやピーマンに入れる。つぶして平たくするため中身は入れすぎないよう注意
[画像をタップでギャラリー表示]

「ひき肉は羊です。クルド人は羊が一番好きで、私が生まれた地域ではみんな飼っています。山の草を食べさせる夏はミルクやチーズがすごく美味しいんですよ。料理に羊の脂を使うことも多い。うちは6人家族だから一カ月に30キロくらい食べますね」

 グレさんが言う。1人当たり5キロとはけっこうな量だ。具材はナスやピーマンにつめるほか、塩漬けにしたブドウの葉でも巻く。「ブドウの葉はやわらかいので小さな子どもでも食べやすい。クルドでは歯が生えてきたら、この料理を食べます」とグレさん。離乳食くらいの時期から食べるってことか!?

茹でたブドウの葉の塩漬けに具を入れて包む。ブドウの葉は歯ごたえもしっかり
茹でたブドウの葉の塩漬けに具を入れて包む。ブドウの葉は歯ごたえもしっかり
[画像をタップでギャラリー表示]

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る