第81回 ビールが進む!「種」を使ったソースでつくる、アフリカ・トーゴの国民食とは

「デシがソースという意味で、アジデシというピーナッツソースやフェトゥリデシと呼ばれるオクラソースの煮込み料理が定番です。フェトゥリデシはとてもヘルシー。オクラはアフリカ原産といわれていてよく食べられています。この2つと、あとはグシデシもとてもポピュラーですね」

 由加里さんの話を聞きながら、以前に隣国のガーナのオクラ料理を食べたことを思い出す(第22回参照)。ところで、「アジ」がピーナッツ、「フェトゥリ」がオクラなら「グシ」って何だろう。そう尋ねると接客を終えたエドモンドさんが教えてくれた。

「グシは種のことだよ。日本にはないウリ科の植物の種。見た目はスイカに似ていて、パッションフルーツのように中にグシがつまっている。皮や実は食べず、グシだけを使ってソースにするんだよ」

 同じ西アフリカのナイジェリアでよく食べられているエグシというウリ科の種子と同じものかもしれない。エドモンドさんは「あんな感じにすり潰してペーストにするんだ」といって店内に飾られた染物を指さした。そこには現地の暮らしが描かれていて、中央の上部に石臼らしき道具を使う女性の姿がある。ピーナッツも同様にすり潰すらしい。

「グシデシを使うボマニャニャは、トーゴ人はみんな大好きだよ」とエドモンドさん。トーゴらしいソウルフードだということで食べたいと伝えると、「ちょっと待ってね」と笑って調理場に入っていった。

トーゴ共和国大使館の職員も訪れるエコ ロロニョン。現地の暮らしを描いた大きな染物は店の中央に飾られている
[画像のクリックで拡大表示]