おたふく風邪のワクチン認可までにかかった期間は?

ページナビがはいります

問題

Q:おたふく風邪のワクチン認可は史上最速といわれていますが、その期間は次のうちどれでしょう。

2

答えは『4年』

解説

科学者のモーリス・ヒルマンが、娘から採取したウイルス株を使って開発したおたふく風邪のワクチンが認可されたのは1967年。ウイルスサンプルの収集からワクチン認可までに、4年を要しています。ちなみに、ワクチンを市場に出すまでの期間は通常、10〜15年です。写真は英オックスフォード大学開発の新型コロナウイルス感染症のワクチン候補を投与される臨床試験の被験者です。

ページナビがはいります