チリで起きている深刻な事態とは?

ページナビがはいります

問題

Q:写真はチリのトゥプンガート山の山頂付近に気象観測装置を設置している科学者たち。これはチリで起きている深刻な事態を調査するためですが、その事態とは次のうちどれでしょう。

2

答えは『干ばつ』

解説

チリでは干ばつが10年以上も続いています。2010年に干ばつが始まって以来、毎年の降水量は平均して例年より3分の1も減少。とりわけ19年は最も乾燥した年となり、降水量は例年の4分の1を下回りました。そのため科学者たちは、観測所が収集する気温、風速、積雪のデータを活用し、気候変動によってチリ中部と首都サンティアゴで起きているような記録的な干ばつがさらに続き、一帯の貯水タンクの役割を果たしている氷河や雪塊といった山の“給水塔”が縮小したらどうなるのか、理解を深めたいと考えています。

ページナビがはいります