ペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

ページナビがはいります

問題

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

3

答えは『北里柴三郎』

解説

ペストは過去3度のパンデミックを引き起こしていますが、3度目の頃には研究者は病原体を特定できるようになっており、1894年に日本の北里柴三郎とフランスのアレクサンドル・イェルサンの2人の細菌学者が同時期にペスト菌を発見。のちにエルシニア・ペスティスと命名されたこの細菌は、ネズミなどの小型げっ歯類に寄生するノミによって媒介されます。写真はチェコにあるセドレツ納骨堂で、14世紀のペストの大流行で亡くなった3万人の遺骨が装飾に用いられています。

ページナビがはいります