タツノオトシゴが綿棒につかまっている理由とは?

ページナビがはいります

問題

このタツノオトシゴが綿棒につかまっている理由とは?

2

答えは『海流に乗るため』

解説

インドネシア南東部のスンバワ島沖を漂うタツノオトシゴ。海流に乗るためにつかまっているのは、プラスチックの柄が付いた綿棒です。「あってはならない写真です」と、この写真を撮ったジャスティン・ホフマンは嘆きます。今や年間およそ800万トンの廃プラスチックはが海へと流れ出し、700種近い海洋生物に影響を与え、毎年多くを死に追いやっていると推定されます。

ページナビがはいります