海洋学者ロバート・バラードの重要な深海の発見といえば?

ページナビがはいります

問題

Q:タイタニックの発見者として知られる海洋学者ロバート・バラードのもう一つの重要な深海の発見といえば、次のうちどれでしょう。

2

答えは『熱水噴出孔』

解説

1977年、バラードと同僚たちがガラパゴス海嶺の熱水噴出孔とその周辺に息づく生物を発見したことで、海洋学に革命がもたらされました。この後、バラードは1985年に豪華客船タイタニックを、2002年にジョン・F・ケネディが第2次世界大戦で搭乗した魚雷艇を発見。78歳になる今もナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラー・アット・ラージとして、海洋の大いなる謎を解く仕事に取り組んでいます。写真は1979年のガラパゴス海嶺への潜航後、潜水艇から姿を現すバラードです。

ページナビがはいります