モンゴルで大気汚染が悪化する主な原因のひとつは?

ページナビがはいります

問題

Q:モンゴルの首都ウランバートルでは大気汚染が悪化しています。主な原因のひとつは次のうちどれでしょう?

1

答えは『石炭ストーブ』

解説

人口150万人近い首都ウランバートルの大気汚染は世界最悪レベルで、特に多くの世帯が石炭ストーブをたく冬場が深刻です。教育と仕事を求めて地方から移住してきた遊牧民がひしめき合うダリ・エヒ地区(写真)では、簡素な住宅やゲル(円形テント)は電気がないか十分ではなく、石炭がなければ厳しい冬を乗り切れません。首都の子どもは地方より肺機能が4割低いという調査結果もあり、長年続く健康問題への対策が急がれます。

ページナビがはいります