タツノオトシゴ、何をしている?

ページナビがはいります

問題

Q:こちらのタツノオトシゴ、何をしているところでしょうか?

2

答えは『出産』

解説

タツノオトシゴの驚くべき特徴は、雌が雄を「妊娠」させること。これはタツノオトシゴとその近縁種のみに見られる特異な進化です。雌は、胴にある産卵管を通して雄の腹にある育児嚢に栄養豊富な卵黄を含む卵を産みつけ、数週間後、おなかの大きくなった雄は出産。種の体の大きさによって数は異なりますが、数十匹から数千匹の稚魚が海中に放たれます。稚魚は海底に下りて生活を始めるまでしばらくの間、水中を漂いますが、ほとんどの個体はこの時期に捕食されてしまいます。

ページナビがはいります