妊産婦の死亡率が上昇している先進国はどこの国?

ページナビがはいります

問題

1990年以降に妊産婦の死亡率が上昇している先進国はわずか2カ国。セルビアとあともうひとつはどこの国でしょうか?

1

答えは『米国』

解説

世界保健機関(WHO)によれば、1990~2015年の間に妊産婦の死亡率が悪化したのは、46の先進国のなかではセルビアと米国だけでした(妊娠の終了から6週間以内に合併症で死亡した母親の数も含む)。米国疾病対策センター(CDC)によれば、アフリカ系米国人女性が妊娠に関連する原因で死亡する確率は白人女性の約3倍にのぼり、また、妊産婦死亡の60%以上は回避が可能なものだそうです。

ページナビがはいります