ハッブル望遠鏡 50の傑作画像 その4

ねじれた銀河

地球から見て真横を向いているESO 510-G13銀河では、銀河どうしの衝突により新しい世代の星々がいっせいに生まれてきている。銀河系のようなふつうの渦巻銀河を真横から見ると、塵や渦状腕は平らである。ESO 510-G13が画像のように強くねじれた形をしているのは、最近、近くの銀河と衝突して、それを飲み込んでいる最中であるからだ。擾乱は徐々に鎮まり、数百万年後にはふつうの形の銀河に戻っているはずだ。NASA and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA). Acknowledgment: C. Conselice (U. Wisconsin/STScI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー