ハッブル望遠鏡 50の傑作画像 その2

カシオペヤ座にある超新星残骸

ちょうどアイザック・ニュートンが反射望遠鏡の製作に成功した1667年頃、ある超新星の光が地球に届いた。実際には1万年ほど前に爆発した星の光がはるばる旅をして地球までやって来たのだ。このすさまじい爆発で誕生したのが、カシオペヤ座Aと名付けられた、我々が住む天の川銀河で最も新しい超新星の残骸である。光学望遠鏡で眺めるカシオペヤ座Aは10光年ほどに広がった暗い天体にすぎないが、電波望遠鏡で観測したカシオペヤ座Aは全天で太陽に次いで2番目に強力な電波源である。このハッブル望遠鏡の画像は、ガス状の光芒が連なる複雑な構造を詳しくとらえている。色の違いは光を出す元素の違いを反映しており、赤い光は硫黄分が多い組成を、紺青色の輝きは酸素が多いことを意味している。 NASA AND THE HUBBLE HERITAGE TEAM(STSCI/AURA)

【元の記事へ戻る】