ハッブル望遠鏡 50の傑作画像 その2

らせん状星雲

みずがめ座のらせん状星雲は、地球からとても近いため、内部構造を観察するのにうってつけの惑星状星雲である。ただし、見た目の大きさが満月の約半分と大きいため、観測が厄介ともいえる。ACSで撮影した複数の画像を合成したうえで、キットピーク国立天文台の90センチ望遠鏡で撮影した全体画像データと合わせた。 NASA,ESA,C.R.ODELL(VANDERBILT UNIVERSITY),M.MEIXNER AND P.MCCULLOUGH(STSCI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー