第159回 カユイのは好物のせい? アメリカヤマアラシ(後編)

メキシコキノボリヤマアラシ(哺乳綱:ネズミ目:アメリカヤマアラシ科)のオス
Mexican hairy dwarf porcupine, Coendou mexicanus, male
グアバの木の幹で全く動かない。何をしているのだろうか?
体長:約45 cm しっぽの長さ:約35 cm 体重:約2.5 kg 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

 アメリカヤマアラシは、アジアやアフリカにいる地上生活のヤマアラシとちがって、南北アメリカ大陸で樹上に暮らしている。そのアメリカヤマアラシの一種であるメキシコキノボリヤマアラシが1匹、モンテベルデの自宅隣の庭に住み着いているのを見つけた(前編を参照)。

 寝床にしている木も見つけたので、ぼくは毎日そこを訪れて観察していた。

 ある日の夕方、いつもと違う様子のヤマアラシに出会った。小雨が降る中、グアバの木の根元あたりで置物のようにじっとしている。なぜ動かないのか? 動けないのか?

階段横のグアバの木の幹で静止しているメキシコキノボリヤマアラシ(矢印)。まるで置物のようだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 様子がヘンなので、そっと近づいてみると、ヤマアラシは、毛と針をサッと逆立てた。さらに近づくと、体を「トゥルルルルッ!トゥルルルルッ!」と震わせた。威圧感のある、低い音の振動がこちらに伝わってくる。ぼくを威嚇しているのだろう。

小雨が降る中、低い枝にやってきたところを撮影しようと近づくと、毛と針を逆立て低音を響かせて、こちらを威嚇しているメキシコキノボリヤマアラシ。
[画像のクリックで拡大表示]

 近づいてくれるなということだから、離れて様子を見ることにした。そしてしばらくすると、お尻からポロポロと落下物が! なるほど~、ウンチだったのか(冒頭の写真)。

 ツブツブウンチがポトポト。止まったかと思うと、またポトポト。おしっこをしたかと思うと、またポトポト・・・。

「まだ出るんかいな!?」

 ウンチとオシッコの時間は2~3分だっただろうか。意外と長くかかるもんだ。用を足すと、木の幹を登り、子どもが駄々をこねて「ヤダヤダ~」をするような動きで、雨に濡れた体から水しぶきを飛ばしていた。

「ヤダヤダ~」の動きで水しぶきを飛ばすメキシコキノボリヤマアラシ(10秒)
体をいつものようにかいた後、水しぶきを飛ばした。あまりにも愛くるしい動きだったので、撮影しながら声が出てしまった(笑)。

 出て来たばかりのほやほやウンチを見に行ってみると、長さは2センチほど、シカやナマケモノの糞より細長く、しっとりしていた。ニオイは、草食動物系のさわやかな香り。糞にはツヤホソバエやイエバエなどいろんなハエがたくさんやって来ていた。

グアバの木の根元にたまっていたメキシコキノボリヤマアラシの糞。今年はグアバがさらに美味しく実りそうだ!
[画像のクリックで拡大表示]
糞を少し掘り起こすと、糞虫であるコガネムシ(ダイコクコガネの1種)が見つかった。体長は12 mm。
[画像のクリックで拡大表示]

 よく見ると、古いウンチもたまっている。ヤマアラシはここをトイレとして、しばらく使っているのだろう。わざわざ地上付近まで降りてきてウンチをするのは、ナマケモノの行動(第115回参照)にも似ていてオモシロイ! 後日、別の木々の根元にも糞をしていることが判明。糞虫のコガネムシやタマヤスデやワラジムシ、菌類も確認できた。

次ページ:どうしてそんなにカユイのだろう?

おすすめ関連書籍

ミラクル昆虫ワールド コスタリカ

昆虫とともに暮らす著者の、ちょっと変わった昆虫中心生活。奇妙で面白い昆虫写真が満載!

定価:本体1,800円+税